歴史に残る日本刀

日本刀の魅力

日本刀の美しさは研師の技量に左右される!

日本刀の美しさは研師の技量に左右される! 日本刀は見ているだけでも美しいものですが、さらに美しさを引き出すのが研師の技量によります。
刀の研ぎと包丁や釜などの研ぎは、ただ刃を鋭利にとがらせて、再び切れるようにするだけです。
しかし、日本刀は刃先だけでなく、刀のすべてを磨き上げることで刀の美しさが出てくるのです。
刃の研ぎをするだけでなく、刀の全部を研ぐので研磨をするも言います。
刀を研ぐにあたり、表面をボコボコにしないように滑らかに磨き上げていくことで、美術工芸品として仕上がっていきます。
また研ぎは、刃だけでなく地に棟、切先を研ぎますから磨き方によっては刀自体を変えていきます。
その業は、熟練した研師の技量にもより左右されていきます。
美しい日本の刀は現在は美術品であり、また居合道や抜刀道などの武道に使います。
居合道や抜刀道などに使う刀は、手入れをしっかりとしていないとサビが出てきてしまいます。
その際にも、研ぎをすることで刀の元の美しい刀身に変わっていきます。

日本刀の美しさが際立つ飾り方

日本刀の美しさが際立つ飾り方 日本刀は刀自体が武器でありながらも、その業の仕上がりから美しいものとされています。
実際に真剣を手にすれば、その輝く玉鋼の鍛えた美しい刃筋と反り、波紋は何とも言えないほど、 美しい日本伝統工芸でもあるでしょう。
その日本刀を美しい飾り方は、人のセンスによって違いますが抜き身にして飾るのであればガラスケースで 保存をすること、さらに鞘も美しい逸品ですから、刀掛けに二つかけて飾ると良いでしょう。
美術館などでは、刀のより美しさを際立たせるために、ガラスケースに入れることはもちろんのこと、 柔らかい照明で刀のもつ、輝きを表しています。
美術館でみる刀は、とても美しいだけでなく、どこか妖しげでありながらもその神秘的な輝きはなんとも 言えないほどです。
ゆえに、多くの人が刀を見て息を漏らしてしまうほど、その輝きに魅了をされます。
より刀を見やすくいていることで、さらなる美しさを引き出しています。
一つ一つの見る場所に、その業と美しさが際立って見えます。

新着情報

◎2017/9/22

日本刀の美しさ の情報を更新しました。

◎2017/6/21

歴史に残る日本刀 の情報を更新しました。

◎2017/3/27

日本刀の手入れ の情報を更新しました。

「刀 技量」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@R1868541203 まぁ言わずとも、 は腰に携えているゆえ…… 見た目ですぐに分かると思うがな… …そういうものなのだろうかな。 研磨に関しては 昔からやっていることだからな… 別に技量が必要とは 感じたことは無いな……。 お母さんもソフィも随分、 仲が良くなったものだな…(傍観 「仲良しこよし…です…」

RT @URIwyMPRKcAignq: そもそも三尺を超える十分な強度をもった居合からして手に入りづらく、ましてや真剣で形を稽古するのも難しい、そんな状況で今まで鍛錬を積まれていたと思うんです。そこで怪我も破損も気にせず大太を稽古できるというのは、爆発的な技量の底上げ…

返信先:@DarkFalz_Run マスカレさんはファントムで行くならで特化型がオススメであるよー! マグも技量全振りで火力出るから戦いやすくなります!

Twitter宵待@レム・アルふぃあship7.10@ERUbratt

返信 リツイート 8:09

RT @yushinkankyoto: 振りかぶれない場合などはへし切を使います。を押し当てて斬るため、使い手の技量はもちろん、の切れ味も重要です。信長公が箪笥に逃げ込んだ茶坊主を斬った逸話でも有名な斬り方ですね。愛の貞永は「何をしましょうか。居合型の練習?藁のへし切り?…

【備前伝】五箇伝のひとつで新々期まで続いた。よく詰んだ板目肌、杢目混じりの板目肌に匂本位の丁子乱れで丁子映りが出るのが特徴。また鋩子は焼き弱く返り浅く、棟は低い。鎌倉中期が最盛期である。福岡一文字が重花丁子や大房丁子など華やかな刃紋を焼き、技量を誇り備前伝の最盛期を作った。

返信先:@hikari9629 技量値を打撃に変換する(ブレイバーのみ) ブ レ イ バ ー の み

Twitter姫百合 煌龍 ☆フュリア☆@Fyuria_Kiryuu

返信 リツイート 昨日 23:17

第一印象 技量狂いのマン 今の印象 カスキャとグラブルの人

RT @yushinkankyoto: 振りかぶれない場合などはへし切を使います。を押し当てて斬るため、使い手の技量はもちろん、の切れ味も重要です。信長公が箪笥に逃げ込んだ茶坊主を斬った逸話でも有名な斬り方ですね。愛の貞永は「何をしましょうか。居合型の練習?藁のへし切り?…

そもそも三尺を超える十分な強度をもった居合からして手に入りづらく、ましてや真剣で形を稽古するのも難しい、そんな状況で今まで鍛錬を積まれていたと思うんです。そこで怪我も破損も気にせず大太を稽古できるというのは、爆発的な技量の底上げにつながることでしょう。

Twitter神変自源流・一ノ割道場@URIwyMPRKcAignq

返信1 リツイート2 昨日 16:02

RT @yushinkankyoto: 振りかぶれない場合などはへし切を使います。を押し当てて斬るため、使い手の技量はもちろん、の切れ味も重要です。信長公が箪笥に逃げ込んだ茶坊主を斬った逸話でも有名な斬り方ですね。愛の貞永は「何をしましょうか。居合型の練習?藁のへし切り?…

Copyright (C) 2016 日本刀の魅力. All Rights Reserved.